精肉

下妻金豚は赤みがおいしい

肉の旨味成分アミノ酸が、一般の三元豚より約3~4倍も含まれています。豚肉の旨味って脂だけじゃありません。むしろ赤身の味が旨味です。豚の筋肉が赤身ですが、この筋肉の中に含まれるアミノ酸が多いほど旨味の基が多いということです。
(さらに・・・クリック)

さらに、脂身はまろやかな甘み

脂肪のオレイン酸含有量が、一般の三元豚に比べて約9%も上回っています。「伝説の下妻金豚」は、脂肪のオレイン酸含有量がなんと、一般の三元豚より約9%高く、甘味や香りに優れています。融点が32℃~36℃で、一般の三元豚(41℃~46℃)よりも低く、この温度差が口どけの良さになります。

下妻金豚はさっぱりとした風味!

お召し上がり頂いた方なら納得して頂けると信じています。さっぱりという表現は、個人差がありますが、「伝説の下妻金豚」をお召し上がり頂いた皆様から口をそろえて「さっぱり」「ヘルシー」と言っていただいております。
(そして・・・クリック)

そして、豚肉特有の匂いが極めて少ない!

 動物性タンパク質を含む飼料を一切使っていたないからです。豚肉の旨味をよりおいしく感じるのは、豚肉料理等を召し上がっていただく際に、必要以上に臭い(獣臭といわれる)があると、肝心の旨味をかんじづらくなってしまいます。そこで豚に与える飼料を工夫して過剰な匂いを出さず、豚肉の旨味を味わって頂けるように豚を育てています。

           おいしいお肉はどう食べる?

本当においしいお肉は、何もつけずに弱火でじっくり焼くだけでも、おいしいんです。お肉の味が、すごくわかります。一言でいえば、味わい深い。
お肉の旨味がじゅわっとあふれ、ふわっと広がる肉の甘み。何度もかみしめて、コクを感じ、おいしいと感じた頃にとはスッと口の中がさっぱりしていることでしょう。この感覚が「伝説の下妻金豚」の特徴です。
お好みで、塩をかけてもおいしいです。ポン酢でさっぱりと召し上がるのjもおいしいです。こしょう、ゆず胡椒、お気に入りのタレで召し上がっても美味しいです。

オーダーカットの予約注文致しております。